CoDMON(コドモン)/株式会社コドモン

公開日:2023/10/02 最終更新日:2024/03/06
CoDMON(コドモン)/株式会社コドモン

保育園での事務作業に時間が割かれ、食育などの栄養管理が十分にできないとお悩みではありませんか。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、おすすめの保育・給食管理ソフトを紹介します。それが保育と連携とした給食管理の『コドモン』です。このソフトを知れば、給食管理に対する不安は劇的に改善することでしょう。

CoDMON(コドモン)/株式会社コドモンの口コミ・評判

給食業務の省力化と園全体の連携強化で、食育が進む体制ができました(ちいはぐ・十条)
毎月の献立はコドモンから配信される献立表をベースにして、調整が必要な部分は変更するなどしています。運営面で非常に楽になったのが発注です。発注先の業者はもちろん登録しておけますし、発注書が献立からそのまま引っ張ってこられるのはとても便利です。当然不要な物を消す作業はありますが、今までは0から手入力で発注書を作っていたのが、グラム数も自動で表示されるのが非常にありがたいです。 給食管理は園児台帳や登降園の情報と連動できるため、欠席の園児数やアレルギーのある園児が登園しているかどうかなどがコドモンを見るだけで把握できて確認の手間がなくなりました。給食時には調理担当が各クラスをまわって子どもたちの食事量や食べている様子を見ていますが、食べ残しについても園児ごとにコドモンへ記録ができ、保護者にも共有できます。作成した献立表もコドモンで保護者に配信できるので、紙に印刷して配布する手間はなくなりました。園内では保育士・栄養士・調理担当の連携が深まって日々の保育に情報を活かしやすくなり、家庭への共有もスムーズになったことで保護者の関心も高まっていると思います。(一部抜粋)
運営者コメント

手入力で時間がかかっていた作業もコドモンを導入したことで、だいぶ楽になったようです。給食管理や保護者と連絡もコドモンを通してできるため、様々な業務の省力化に満足しているようですね。

保育と連携した給食管理ソフト

保育情報と給食情報を連携したコドモンは、今までの給食管理ソフトと何が違うのでしょうか。ここでは、保育と連携した給食管理ソフトのコドモンについて詳しく解説していきます。

管理栄養士や栄養士の保育参加を促進

コドモンは、今までの給食管理ソフトでは実装できなかった、保育情報と給食情報の連携を可能にしたソフトです。園児台帳・登降園管理などの『保育情報』と献立などの『給食情報』との連携、保護者アプリを活用した月間献立表や食育情報の配信などを可能にし、給食室と保育士の連携を強化します。給食の安定性・経済性・効率性向上と、食環境改善・食育推進との両立を実現します。

複数のPCで同時に情報共有や更新ができる

コドモンは従来のインストール型の献立ソフトとは違いクラウドシステムを利用しているため、複数のPCから同時にアクセスが可能であり、業務の大幅な省力化を実現します。

全国のさまざまな施設がコドモンを活用

コドモンは保育園だけではなく、幼稚園・学童保育・自治体・小学校・中学校・学習塾・習い事・発達支援施設・デイサービスなど、さまざまな施設で活用されています。運営効率の向上・働き方改革・業務省力化・保護者満足度の向上など、コドモンは施設状況に合わせた最適な施策を提供することが可能です。

管理栄養士・栄養士の事務負担を大幅に削減

コドモンは管理栄養士や栄養士がマストで抱える事務負担を軽減する給食管理ソフトです。事務負担を軽減することでゆとりが生まれ、食育を意識したさまざまなメリットに繋がっています。ここでは、管理栄養士や栄養士の事務負担を軽減することで生まれるメリットについて解説します。

管理栄養士や栄養士の事務負担を軽減することで生まれるメリット

コドモンの導入により管理栄養士や栄養士の業務負担が大幅に軽減され、それにともないさまざまなメリットが生まれています。以下のその一例です。

・安全性や食育に配慮した献立管理ができる

栄養価の自動計算・園児団長や身体測定の結果と連携した給与栄養目標計算・アレルギーアラートをもとにしたアレルギー代替食の作成・登園予定と連携した食数計算などが可能です。

・保護者に月間献立表を送信できる

アプリを活用し、保護者に月間献立表を送信したり、アプリを利用していない場合には献立表をExcelで出力して配布することも可能です。

・保育情報と給食情報を相互共有できる

喫食状態を振り返りその程度食べられたのかチェックしたり、食育計画を通した栄養士の保育参加を促進したり、保育士と栄養士や調理師との情報共有による保育士の食育参加をうながしたりすることを可能にします。

・複数施設の献立を一元管理できる

本部で作成した献立を全施設に一括展開したり、検食簿や給食日誌なども本部で一元管理できます。

インターネット環境とPCやタブレットがあればすぐに利用可能

コドモンの導入にPCに関する高度な知識は一切不要です。ここでは、スムーズにできるコドモンの導入について解説します。

スムーズなICT導入が可能

コドモンはPCやタブレットとインターネット環境があればすぐに利用可能です。また、1万5,000件を超える導入実績をもとにしたサポート体制が充実しています。

・知識豊富な専任スタッフが導入をサポート

コドモンは特別な機材を必要とせず、すでに持っているPCやタブレット、一般的な市販の機材で利用することが可能です。また、コドモンでは専任スタッフが状況に合わせたプランの選定や、必要機材の準備をサポートしています。

・豊富なマニュアルと顧客に寄り添ったサポート

コドモンは多くの導入実績や顧客の声を活かした豊富なマニュアルを用意しています。また、不明点などは電話やメールで気軽に相談することが可能です。

・毎週開催のセミナー

ソフト導入後も顧客をしっかりとサポートするために、コドモンでは毎週、お悩み解消のセミナーを開催しています。他の施設でのソフト活用の様子や、導入効果などの閲覧も可能です。

まとめ

今回は株式会社コドモンが提供するコドモンの特徴について解説しました。コドモンは、保育情報と給食情報を連携した給食管理ソフトです。保育情報と給食情報の連携により、管理栄養士や栄養士の保育参加を推進します。

コドモンは、クラウドシステムを利用しているため、複数PCから同時アクセスが可能です。また、献立管理や保護者対応、保育情報と給食情報の共有、複数施設の献立一括管理などにより、管理栄養士や栄養士の事務負担を軽減します。

さらに、コドモンはPCやタブレットとインターネット環境があればすぐに利用できます。多くの導入実績をもとにしたサポート体制も充実しています。栄養管理でお困りであれば、ぜひコドモンを検討してみてください。まずは公式ホームページから資料請求してみてはいかがでしょうか。

CoDMON(コドモン)/株式会社コドモンの基本情報

会社名株式会社コドモン
住所東京都港区三田3丁目13−16 三田43MTビル 3F
電話番号050-2018-3197
タイプクラウド版
対応施設保育所・認定こども園・幼稚園・学童・小中学校など
料金初期費用0円〜、月額費用5,500円(税込)〜
給食管理や月間献立配信などのオプション料金(各3,300〜8,800円/月)
機能給食、献立管理など

おすすめの給食管理システム

イメージ
サービス名/会社名らくらく献立7/株式会社夢工房わんぱくランチ/株式会社アドムMr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーカロリーメイク/株式会社東洋システムサイエンスEIBUN/株式会社コーエイコンピューターシステムMedical Lunch/株式会社エフコムメニューリンク/ソフトム株式会社
特徴充実のサポート体制!購入前も導入後も安心のサポートが受けられる!業界トップのシェアを誇る!帳票類を100種類用意している!さまざまな運営施設に対応!栄養士資格を持つ専門家が開発を担当!学校給食の管理に特に人気!使いやすさにこだわられている!10段階の年齢区分ごとに献立のひとり分量を自動計算!年間サポートも用意!栄養管理業務のトータルサポートが可能!帳票をすべてExcelで出力できる!どんな給食業態にも対応できる高機能システム!月額費用も安い!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
迷った方にはこの給食管理システムがおすすめ!

らくらく献立7/株式会社夢工房

らくらく献立7/株式会社夢工房

らくらく献立7は、複数端末で情報を共有することができます。クラウド版のほかにパッケージ版もあり、インターネット環境がない場所でも利用可能です。また、ほとんどがマウス操作で、パソコンに不慣れな方にもわかりやすい設計になっているのも魅力。もし分からないことがあっても、サポート体制が充実しているため、導入時も導入後も安心です。

【PR】栄養士の業務負担を軽減!給食管理システムで何ができる?