Mr.献ダテマン/株式会社カイテクノロジー

公開日:2023/09/25 最終更新日:2023/12/25

Mr.献ダテマン/株式会社カイテクノロジー

Mr.献ダテマン/株式会社カイテクノロジー

栄養士の有資格者たちによって開発された給食管理ソフト

おすすめポイント

ポイント1 導入実績多数
ポイント2 幅広い業態に対応
ポイント3 常に進化を続けている

基本情報

タイプクラウド版、インストール版
料金月額料金制
保育園用・施設用・給食会社用:2,500円×ユーザー数/2,400円×事業所数
病院用:1万円×ユーザー数/9,600円×事業所数
食品販売会社用:(要問い合わせ)
サポート栄養士による専門のサポートダイヤル
問い合わせ方法TEL:0120-990-572(平日9:00~17:00)
メールフォーム

Mr.献ダテマンは、株式会社カイテクノロジーが提供する給食管理ソフトです。保育園や老人施設、病院など様々な給食現場に対応したソフトウェアをリリースしています。

スタッフの多くが栄養士の有資格者となっており、運用方法から日常業務まで丁寧なサポートを行っているため、安心して利用できるでしょう。万が一トラブルの際にも、専用サポートダイヤルにて迅速な対応を心がけているのです。

今回はそんなMr.献ダテマンについて、特徴や魅力を詳しく紹介します。

Mr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーの特徴①栄養士目線で開発

Mr.献ダテマンの画像2Mr.献ダテマンは、カイテクノロジーが提供する給食管理ソフトです。全国1万5,000以上の施設で導入実績があります。

Mr.献ダテマンは40年以上の歴史があり、栄養士の資格を持つスタッフたちが商品開発に携わってきました。栄養士目線でニーズを細かくヒアリングし、機能の改善を繰り返しています。

創業当初、給食現場では栄養計算や材料発注業務は、電卓やそろばんを使った手作業で行われていました。献立表や栄養計算表も手書き作成が一般的だったため、栄養士の業務量は膨大なものでした。

Mr.献ダテマンは、これらの業務負担を軽減させるため、女性起業家によって開発されました。開発当初から栄養士とエンジニアが検討を重ね、その操作性の高さから人気を集めています。

また、問い合わせに対しても栄養士が対応に当たっています。問い合わせの大半が栄養士からのものなので、同じ栄養士目線でのサポートに定評があり、実践的な対応が可能です。

パソコン操作やシステム面での相談に対しても、わかりやすく丁寧な説明を心がけています。

Mr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーの特徴②サーバー不要のクラウド型栄養管理ソフト

Mr.献ダテマンの画像3Mr.献ダテマンは、サーバー不要のクラウド型栄養管理ソフトです。Microsoft社が提供するクラウド環境「Azure」によって展開しているSaaSです。

SaaSとは、「Software as a Servise」の頭文字を取った略語のことで、直訳するとサービスとしてのソフトウェアという意味です。

従来のソフトウェアのように、1台のPCにソフトをインストールする必要がなく、オンライン上でソフトを利用できるサービスを指します。そのため、Mr.献ダテマンはインストールの必要がなく、インターネット環境とPCさえあればどこでも利用できるのです。

万が一PCが故障した際にも、データはクラウド上に保存されているため、代わりのPCですぐに作業を開始できます。PC1台ごとにソフトを購入するよりも、低コストで導入が可能です。

Mr.献ダテマンの基盤であるAzureは、一般的な自社サーバーよりもはるかに優秀で安全です。そのため、安心して利用することができるでしょう。

Mr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーの特徴③幅広い業態に対応

Mr.献ダテマンの画像4Mr.献ダテマンは、保育園や老人福祉施設、病院などのあらゆる施設に対応しており、幅広い業態に合わせて管理機能を搭載しています。

開発当初は、病院や高齢者施設向けの給食管理システムでしたが、Windowsの登場によって、保育園や学校などの給食現場でも広く普及されるようになりました。2018年には「栄養士が選ぶ栄養・給食管理ソフトNo.1」にも選ばれています

また、Mr.献ダテマン病院版では、電子カルテと連携する機能を標準装備しています。煩雑な手入力の必要がないため、入力ミスを防止し、作業効率が向上するでしょう。

その他にも、保育園版では、保育園特有の三食食品群の管理ができる機能や保育園専用帳票の出力機能など、様々な業態に合わせたきめ細やかなサポートが魅力的です。

Mr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーの特徴④全帳票エクセル出力可能

Mr.献ダテマンの画像5Mr.献ダテマンは、栄養管理に必要な全ての帳票をエクセルで出力することができます。また、帳票の種類の豊富さも特徴の一つです。

例えば、献立表に関してもシンプルなものから細かい内容のものまで、様々な種類を用意しています。また、献立表以外にも用途に合わせて様々な帳票を出力可能です。出力した内容はエクセル上で編集ができるので、現場に合わせて独自でデザインして活用できます

ユーザーに合わせて記載内容を変更したり、病院や保育園などの施設のイメージカラーやイラスト、ロゴを入れたりなど、オリジナリティのある帳票を作成することも可能です。エクセル操作が苦手という方に対しては、有償にてレイアウト変更をサポートしています。

献立表や給食日誌など、一から帳票を作成するとなると手間も時間も膨大に掛かります。Mr.献ダテマンでは、あらかじめテンプレートで作成できるので、少しのアレンジを加えるだけでハイレベルな帳票を作成可能です。

Mr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーの特徴⑤材料費の単価変更を予約できる

Mr.献ダテマンの画像6近年、あらゆる食品の高騰が相次いでいます。給食現場においても、仕入先からの単価変更の連絡への対応に追われることでしょう。

従来の給食管理ソフトでは、単価変更の日付に合わせて作業を行うのが一般的です。そのため、変更する食材がいくつもある場合には、変更日を忘れてしまったり、変更自体し忘れてしまったりする可能性もあります。

Mr.献ダテマンでは、単価の変更を受けた時点で、未来の日時を指定して変更作業を行うことができます。ユーザーメニューから「発注マスタ」を選択し、「期間単価登録」の画面で単価変更の開始日を登録可能です。

単価変更予約を行った食材は、自動的に変更が反映されるので、管理が容易になるでしょう。

まずは問い合わせてみよう

Mr.献ダテマンは、カイテクノロジーが提供する給食管理ソフトです。保育園や老人福祉施設、セントラルキッチンなど、様々な施設に対応したソフトをリリースしています。

開発や機能改善には、資格を持った栄養士たちが携わっています。栄養士の業務を理解しているからこそ、きめ細やかな設定が可能となっており、全国の栄養士からの支持を集めているのです。

またMr.献ダテマンは、栄養管理に必要なすべての帳票をエクセルで出力することができます。出力した帳票は、独自にレイアウト変更可能なので、施設に合わせた特色の帳票を作成可能です。

そんなMr.献ダテマンが気になる方は、電話もしくはメールで問い合わせてみましょう。

おすすめの給食管理システム

イメージ
サービス名/会社名らくらく献立7/株式会社夢工房わんぱくランチ/株式会社アドムMr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーカロリーメイク/株式会社東洋システムサイエンスEIBUN/株式会社コーエイコンピューターシステムMedical Lunch/株式会社エフコムメニューリンク/ソフトム株式会社
特徴充実のサポート体制!購入前も導入後も安心のサポートが受けられる!業界トップのシェアを誇る!帳票類を100種類用意している!さまざまな運営施設に対応!栄養士資格を持つ専門家が開発を担当!学校給食の管理に特に人気!使いやすさにこだわられている!10段階の年齢区分ごとに献立のひとり分量を自動計算!年間サポートも用意!栄養管理業務のトータルサポートが可能!帳票をすべてExcelで出力できる!どんな給食業態にも対応できる高機能システム!月額費用も安い!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
迷った方にはこの給食管理システムがおすすめ!

らくらく献立7/株式会社夢工房

らくらく献立7/株式会社夢工房

らくらく献立7は、複数端末で情報を共有することができます。クラウド版のほかにパッケージ版もあり、インターネット環境がない場所でも利用可能です。また、ほとんどがマウス操作で、パソコンに不慣れな方にもわかりやすい設計になっているのも魅力。もし分からないことがあっても、サポート体制が充実しているため、導入時も導入後も安心です。

【PR】栄養士の業務負担を軽減!給食管理システムで何ができる?