【PR】栄養士の業務負担を軽減!給食管理システムで何ができる?

公開日:2023/08/01  最終更新日:2023/10/26

栄養士は業務負担が大きい?給食管理業務の課題とは

学校やさまざまな施設で提供されている給食は、食べる人の安全や健康に配慮された献立や栄養バランスで構成されています。そしてその給食を管理しているのが栄養士です。

栄養士は献立の作成や栄養計算だけではなく、個別の食物管理やアレルギー管理、食材の発注、監査帳票の作成など、幅広い業務に対応しています。そのため栄養士の業務負担は大きく、長時間の勤務などを強いられることもあります。

また多くの業務を手作業で行っているケースも多いため、ミスが生じてしまうこともあり、栄養士の精神的な負担になってしまうこともあるでしょう。さらに最近では、食材の価格変動が頻繁に行われており、現場での原価計算が追いつかないなどの問題も浮上していることから、栄養士の労働環境改善を行っていく必要があります。

しかしそのような問題を抱えているにも関わらず、パソコンなどで効率的に給食に関する業務が行える「給食管理システム」を導入していない施設は少なくありません。それはそもそも給食管理システムの認知度が低く、給食管理システムを導入してなにが改善できるのかわからないと感じている施設が多いからでもあります。

また給食管理だけでなく、さまざまな業務を手作業で行うのが当たり前になっている現場も多く、IT化が追いついていないという問題もあるのです。そのような現場では、施設の上長がシステム化することの利便性を理解していないというのも、導入が進まない原因でもあります。

これからの給食管理はシステム化がカギ

このような課題や問題を解決し、栄養士の業務負担を減らすためには、給食管理システムがどのようなものであるかを多くの方が認識する必要があります。施設の上長に利便性を理解してもらうためには、まず導入したい現場から給食管理システムについての理解を深めていきましょう。

給食管理システムとは

給食管理システムとは学校施設や介護施設、また企業の社員食堂などの給食業務にあたる栄養士をサポートするためのソフトです。ソフト内では献立の作成や栄養計算を一括で行うことができたり、個々の食物管理やアレルギー管理や、監査帳票の作成などを行ったりすることも可能です。

さらに手作業で行うことでミスが発生しやすかった原価計算や、業者への発注業務なども自動的に対応できるようになるので、現場の負担やミスを軽減することができます。

給食管理システムのメリット

給食管理システムを導入することでさまざまな計算を自動化できることから、業務効率化が実現し、栄養士の業務時間短縮を叶えることができます。またシステム内でさまざまな業務が完結するので、誰でも同じ業務を行うことができるようになり、新人が入ってきた場合や異動した場合などでもすぐに業務に慣れることができるのもメリットです。

さらに料理や献立のデータはシステムに蓄積されていくので、すぐに過去のデータを振り返ることができることや、新たな献立を作成する際に役立てられることなども大きなメリットとなるでしょう。そして面倒な帳票の作成や出力などもシステム化されるので、栄養士の心的な負担を軽減することもできます。

株式会社夢工房の給食管理システム「らくらく献立7」は幅広い対応が可能で導入しやすい!

これまで手作業で行ってきた業務を、急にシステム化するのは抵抗があるという方も多いかもしれません。しかし夢工房の給食管理システムなら、パソコンやソフトを利用したことがない方でも安心して導入できるような手厚いサポート対応を行っていたり、幅広いケースに対応できたりするため、さまざまな施設で導入しやすくなっています。

夢工房が提供する「らくらく献立7」の強みを見ていきましょう。

ネット環境がなくても使える

夢工房の給食管理システムは「クラウド型」と「スタンドアロン型」の両方があります。スタンドアロン型であればインターネットに接続できない場所でも問題なく使用できるので、導入場所を選ばずさまざまな施設で導入することができるでしょう。

サポートが充実

初めて給食管理システムを導入する方でも不安なく利用できるよう、夢工房では充実のサポート体制を整えています。「あんしん保守サービス」というサービスを利用すれば、電話でのサポートはもちろんFAXやメールでのサポート、また画面を共有しながら対応するオンラインサポートのほか、訪問指導などのさまざまな手段でサポートを受けられます。わからないことがあればすぐに質問できるので、安心して導入を進めていくことができるでしょう。

シンプルな操作

普段パソコン操作に慣れていないユーザーが多いことから、シンプルでわかりやすい操作ができるように設計されているのも夢工房の給食管理システムの魅力です。ほとんどがマウス操作となるので、機械が苦手という方でも安心です。

施設ごとに適したシステムを選べる

夢工房では、施設に適した管理ができるようにするため豊富な種類のシステムを提供しています。保育園版では食物アレルギー対応、施設・病院版では禁止食対応、学校給食版では残食管理(SDG2)などに対応可能です。 また産業給食版ではお弁当を出す企業にも対応できるよう、原材料情報を抽出してシール印刷できる機能が搭載されているなど、それぞれの施設に特化したシステムを利用することができます。

資料やオンラインデモで給食管理システムの便利さを実感しよう

業務効率化やミスの防止など、さまざまなメリットがある給食管理システムですが、手作業が当たり前だった施設ですぐに導入を許可してもらうのは難しいかもしれません。利便性を理解してもらうためにも、まずは夢工房のホームページから資料請求をしたり、お問い合わせをしたりして情報を集めましょう。

また夢工房では、インターネットを通じて製品の操作を体験できるオンラインデモも提供しています。実際に操作をして見てもらうことで、現場の認識が変わることもあるので、ぜひ活用してはいかがでしょうか。現場の環境を改善するためにも、ぜひ夢工房の給食管理システムの導入を検討してみてください。

らくらく献立7(株式会社夢工房)の基本情報

タイププライベートネットワーク版/クラウド版/インストール版
料金月額利用料制かパッケージ購入から選択。詳細は要問い合わせ
オンラインデモ
標準搭載データ 料理データ約550件
食品データ約2,300件 (保育園版の場合)
サポート導入指導/メール・電話・FAXでの無料相談/1年に1回システム改良版を配布/インターネットを利用したオンラインサポート/有料のあんしん保守サービス
問い合わせ方法 TEL:078-291-7786(平日9:30~12:00/13:00~17:00)
FAX:078-291-7127
公式サイトのメールフォーム