メディカロリー/トータル・ソフトウェア株式会社

公開日:2023/10/02 最終更新日:2024/03/06
メディカロリー/トータル・ソフトウェア株式会社

「今の栄養管理ソフトが使いにくい」「簡単に使える栄養管理ソフトが欲しい…」なんてお悩みの方はいませんか?本記事ではそんな方に向けて、トータル・ソフトウェア株式会社が開発した栄養管理ソフト「メディカロリー」を紹介します。現場の栄養士の声を聞き、開発されたソフトはパソコンが苦手な方でも使える機能が沢山搭載されています。

メディカロリー/トータル・ソフトウェア株式会社の口コミ・評判

内容豊富な個人管理メニューや栄養管理計画書が魅力(鹿児島県 A病院)
個人の身体計測等を栄養管理計画書作成等に反映でき、栄養管理計画や栄養補給量~総合的評価まで管理でき助かっています。
運営者コメント

アレルギー情報・BMI推移・個人ごとの食事摂取基準などを管理できるため、ひとりひとりをきめ細かにサポートできるのが魅力です。無料お試し版があるため、導入に悩んでいる方は試してみると良いでしょう。

栄養事務の効率がよくなりました(東京都 C病院)
栄養事務の効率がよくなりました。サポート体制も充実していて満足しています。東京に営業所ができ、より対応が迅速になりました。
運営者コメント

導入前は事務作業に時間がかかっていたようですが、現在は効率よく作業できているようです。分からないことや気になることがあっても、マニュアルとヘルプ機能ですぐに解決できるのも安心ですね。

病院・老健用栄養管理ソフト

メディカロリーは病院や老健用の栄養管理ソフトです。ここではメディカロリーの特徴とメディカロリーを製作したトータル・ソフトウェア株式会社についてお伝えします。

トータル・ソフトウェア株式会社とは

トータル・ソフトウェアは、現場の栄養士の声を聞き続けて34年になる会社で、献立がたてやすい編集機能や、個人の食事から食数管理ができる機能など、現場の人からの「こうして欲しい」「ああしてほしい」を受け止めてソフト開発を行なっています。現在では「発注書を印刷したい」「複数のパソコンで分担して業務をしたい」などの声にもいち早く対応し、それぞれの運用にあったオプションを提供してくれます。

トータル・ソフトウェアの手がけるソフトはパソコンが苦手な方でも操作・編集ができるようカスタマイズされています。現場経験のある栄養士が監修したソフトであるため、今まで通りの仕事に近い形で違和感なく導入できます。

病院・老健施設用ソフト「メディカロリー」

ここからはトータル・ソフトウェアが手がけるソフト「メディカロリー」についてみていきます。使いやすさで選ばれているメディカロリーは、どんな方でも作業しやすい工夫がなされています。

1.サクサク操作

パソコンに詳しくない方でも、感覚的に使いやすいソフトとなっています。単純な業務だけでなく、医療スタッフとの連携が取れるようになっているため、質の高い栄養管理が簡単にできるようになります。もちろん最新の食品成分や食事摂取基準についても対応済みです。

2.患者さんの個人情報を活かせる

喫食情報はもちろんのこと、疾病名、禁食情報、アレルギー、注意事項などの管理ができます。ひとりひとりにあった献立を作れるため、管理ミスや配膳ミスなどを減らせます。

3.いろいろな帳票がいつでも使える

病院の掲示板用や厨房用の帳票、料理・食品・アレルギーなどの資料など合わせて150種類以上の帳票があり、そのすべてをいつでも使うことができます。また首都圏だけでなく、各都道府県の栄養報告書にも対応しているため、地方自治体での使用も可能です。

メディカロリーでできること

メディカロリーではマネジメントに必要な機能が備わっていて、どれもわかりやすい操作性で簡単に情報管理の活用が可能です。

ニーズに応えるさまざまなオプションも提供

メディカロリーではオプションも充実しています。オプションの内容は発注管理、栄養ケアマネジメント、クックチル、入札です。発注管理から栄養ケアマネジメントまで一貫して行うことが可能です。

発注管理

メニューや食事の数量情報をもとに注文書を簡単に印刷でき、仕入れデータや日計データから給食の原材料費を把握し、在庫食品を管理できます。

栄養ケアマネジメント

栄養状態を評価し、栄養ケア計画書や栄養管理計画書をガイドラインに従ってスムーズに入力し、栄養改善を支援します。

クックチル

メニュー入力から調理計画の立案、発注の管理まで、すべての段階でお手伝いします。

入札

メニューデータを活用し、入札情報を生成し、業者ごとや食材ごとの見積もり情報から入札結果を処理し、定期的に食材を調達します。

ほかにも栄養士さんの業務に必要な機能を備えた栄養管理ソフトを展開

今回紹介したメディカロリー以外にもトータル・ソフトウェアはいくつも栄養士に向けたサポートソフトを展開しています。ここでは9つあるなかから3つに抜粋して紹介します。

プロカロリー

メディカロリーは病院や老健用に作られたソフトウェアでしたが、このプロカロリーは病院に限らず福祉施設や介護施設用として展開されています。メディカロリー同様に、献立作成やカロリー計算、喫食情報の確認、帳票の管理までさまざまな用途で使用できます。

kidsカロリー

保育園用に開発されたのがkidsカロリーです。保育園児でも安心して食べられるような料理サンプルが435種用意されており、ソフトを導入したその場から献立作成が可能です。また、食事バランスガイドに対応した126種類の料理も参照可能です。

Myカロリー

食堂や寮、クリニックなどの献立作成に特化したのがMyカロリーです。施設用に比べて価格が抑えられているため、導入しやすいのが特徴です。料理や食品の検索や、過去の献立の整理がしやすく使いやすいシンプルな機能がいくつも搭載されています。

まとめ

本記事では、トータル・ソフトウェアが手がけるメディカロリー。本記事ではメディカロリーでできることや、オプション機能、別の施設で使えるソフトウェアなどについて解説しました。

現代は生活習慣病が増えていることもあり、栄養について敏感になる方が増えています。そのため医療現場から学校に至るまで栄養士は年々需要が高まって行くでしょう。そんな時に現場の声を取り入れた使いやすいソフトウェアがあったら安心ですね。

メディカロリー/トータル・ソフトウェア株式会社の基本情報

会社名トータル・ソフトウェア株式会社
住所 本社:〒890-0082 鹿児島市紫原3丁目21番地7
電話番号099-253-6041
タイプインストール版
対応施設病院、施設、保育園など
料金記載なし
機能栄養計算、アレルギー、嗜好情報管理、献立データ管理など

おすすめの給食管理システム

イメージ
サービス名/会社名らくらく献立7/株式会社夢工房わんぱくランチ/株式会社アドムMr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーカロリーメイク/株式会社東洋システムサイエンスEIBUN/株式会社コーエイコンピューターシステムMedical Lunch/株式会社エフコムメニューリンク/ソフトム株式会社
特徴充実のサポート体制!購入前も導入後も安心のサポートが受けられる!業界トップのシェアを誇る!帳票類を100種類用意している!さまざまな運営施設に対応!栄養士資格を持つ専門家が開発を担当!学校給食の管理に特に人気!使いやすさにこだわられている!10段階の年齢区分ごとに献立のひとり分量を自動計算!年間サポートも用意!栄養管理業務のトータルサポートが可能!帳票をすべてExcelで出力できる!どんな給食業態にも対応できる高機能システム!月額費用も安い!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
迷った方にはこの給食管理システムがおすすめ!

らくらく献立7/株式会社夢工房

らくらく献立7/株式会社夢工房

らくらく献立7は、複数端末で情報を共有することができます。クラウド版のほかにパッケージ版もあり、インターネット環境がない場所でも利用可能です。また、ほとんどがマウス操作で、パソコンに不慣れな方にもわかりやすい設計になっているのも魅力。もし分からないことがあっても、サポート体制が充実しているため、導入時も導入後も安心です。

【PR】栄養士の業務負担を軽減!給食管理システムで何ができる?