福祉の森(栄養ケアマネジメントシステム)/株式会社日立システムズ

公開日:2023/10/02 最終更新日:2024/02/07
福祉の森(栄養ケアマネジメントシステム)/株式会社日立システムズ

介護や福祉の現場で、生産性向上をサポートしているのが福祉の森です。これまでに20年の実績をもち、数多くの施設で選ばれ続けてきました。栄養ケアマネジメントシステムでは、栄養に関する一連の業務を効率的に管理できるようになります。今回の記事では、株式会社日立システムズが提供する、福祉の森について解説しましょう。

介護・福祉の生産性向上を支援するシステム

福祉の森は、介護や福祉の職場に向けたITサービスです。20年間お客さんと作り上げた実績をもとに、事務処理などの生産性向上を支援しています。

業務を効率化して現場の生産性向上を支援

介護や福祉の現場では、少子高齢化の影響による人材不足や、スタッフの過重労働が課題となっています。日立システムズが提供している福祉の森は、介護施設や障害者支援施設における事務作業などを支援する業務管理システムです。

ケアプラン作成や請求業務など、現場での多様な業務に対応しています。これまでスタッフが担当していた膨大な業務を、簡単な操作だけで管理できるようになるのです。

また、担当者間の引継ぎ業務などをリアルタイムで情報共有できます。スタッフ間の連携強化につながるでしょう。日々の記録業務の負担を少なくしたい、事務処理を効率的にしたいという悩みを解決してくれるはずです。スタッフが事務作業にかける手間を大幅に削減でき、スピーディな入居者支援が可能となります。

使いやすい画面操作性

福祉の森の画面は、現場のスタッフが使いやすいことが魅力のひとつです。直感的な操作が可能で、入居者情報、生活記録、ケア状況を素早くチェックできます。記録漏れの抑止、申し送り時間の短縮、さらにはペーパーレス化に貢献してくれるでしょう。

また、システムを活用すれば、入居者情報の管理や共有がスムーズになります。各部屋の状況をパソコンやタブレット端末にリアルタイムで表示されます。IoTセンターが管理する見守りシステムと連携すると、入居者の異常を即時にキャッチできます。連携システムを豊富に用意しているので、毎日の業務を楽にしながら生産性を向上させてくれます。

栄養ケアマネジメントシステムでは、栄養に関する一連のプロセス管理が可能

栄養ケアやマネジメントが一覧で確認でき、一連のプロセスを効率的に管理できます。さらに、便利な印刷機能も備えています。ここでは、栄養ケアマネジメントシステムについて説明します。

一目でわかる栄養ケアマネジメント管理

栄養スクリーニングから、栄養アセスメント、栄養ケア計画、栄養ケアモニタリングまで、栄養ケアやマネジメントをサポートしてくれます。スクリーニングやモニタリングが必要な利用者や内容を、一覧で確認できます。リスクを自動で判定して処理できるのです。

利用者の現在の状態が把握でき、対応するべきことが一覧でわかるのです。一覧のなかで対象の業務や日付を選択すれば、利用者や業務画面に直接遷移できます。入所や通所を問わず、管理対象者を登録できます。

一連のプロセスを効率的に管理できるので、日常業務をしっかりサポートしてくれるでしょう。

充実した統計帳票の機能

統計帳票の機能も充実しています。栄養スクリーニング、栄養アセスメント・モニタリング、栄養ケア計画を、厚生労働省の参考様式を出力できます。利用者単位で印刷したり、条件指定で一括印刷したりできます。

また、画面操作性がよいのも特徴です。前回の入力内容を見ながら入力でき、前の内容の複写機能もあるので、変更点を入力できて効率的です。わずらわしい毎日の事務作業が、より便利にスピーディになるでしょう。

システム導入後のアフターフォロー・サポート体制も整っている

福祉の森では、システムを導入するときのアフターフォローやサポート体制を整えています。操作方法がわからないときやシステムにトラブルが発生したときは、専用サポートセンターのフリーダイヤルが利用できます。専任スタッフが丁寧に対応してくれるので安心です。

また、法改正やお客さんからの要望に沿って、継続的なバージョンアップを実施しています。CD-ROMを送ってくれるので、常に最新バージョンのシステムを利用できるのです。

もしも問い合わせに電話で回答できないときは、電話回線を使用してリモート保守サービスによって対応してもらえます。また、それでも解決できない場合は、近くの技術スタッフがお客さんのもとへ訪問し、現状を把握して適切に対応しています。

このように、初めてシステムを導入する場合でも、安心して利用できる体制が整っています。

まとめ

今回は福祉の森のについて解説しました。多くの介護や福祉の現場では、業務が多く、事務作業に時間が取られることが課題となっていることでしょう。福祉の森を導入すれば、これまでの栄養ケアマネジメントを大幅に効率化してくれるでしょう。

システムには便利な画面入力機能や帳票印刷機能もあります。システムを導入した後もサポート体制が整っているので、困ったときも安心です。利用者をケアするスタッフの業務の負担を軽くしてくれて、利用者の食生活をより快適にしてくれるでしょう。

福祉の森(栄養ケアマネジメントシステム)/株式会社日立システムズの基本情報

会社名株式会社日立システムズ
住所東京都品川区大崎1-2-1
電話番号0120-346-401
タイプCD-ROM版
対応施設介護施設、障がい者支援施設など
料金記載なし
機能スクリーニング、アセスメント、栄養ケア計画書、カンファレンス記録、栄養ケア提供経過記録、栄養ケアモニタリングまでの一連のプロセス管理など

おすすめの給食管理システム

イメージ
サービス名/会社名らくらく献立7/株式会社夢工房わんぱくランチ/株式会社アドムMr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーカロリーメイク/株式会社東洋システムサイエンスEIBUN/株式会社コーエイコンピューターシステムMedical Lunch/株式会社エフコムメニューリンク/ソフトム株式会社
特徴充実のサポート体制!購入前も導入後も安心のサポートが受けられる!業界トップのシェアを誇る!帳票類を100種類用意している!さまざまな運営施設に対応!栄養士資格を持つ専門家が開発を担当!学校給食の管理に特に人気!使いやすさにこだわられている!10段階の年齢区分ごとに献立のひとり分量を自動計算!年間サポートも用意!栄養管理業務のトータルサポートが可能!帳票をすべてExcelで出力できる!どんな給食業態にも対応できる高機能システム!月額費用も安い!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
迷った方にはこの給食管理システムがおすすめ!

らくらく献立7/株式会社夢工房

らくらく献立7/株式会社夢工房

らくらく献立7は、複数端末で情報を共有することができます。クラウド版のほかにパッケージ版もあり、インターネット環境がない場所でも利用可能です。また、ほとんどがマウス操作で、パソコンに不慣れな方にもわかりやすい設計になっているのも魅力。もし分からないことがあっても、サポート体制が充実しているため、導入時も導入後も安心です。

【PR】栄養士の業務負担を軽減!給食管理システムで何ができる?