MEDIC DIET(メディックダイエット)/京セラコミュニケーションシステム株式会社

公開日:2023/10/02 最終更新日:2024/02/07
MEDIC DIET(メディックダイエット)/京セラコミュニケーションシステム株式会社

多くの人の健康を預かる栄養管理士の仕事はとてもやりがいがあるものです。しかし、毎日の食事の献立作りや個人別の栄養管理を行うのは大変なこと。業務の負担を軽減したい人は、栄養管理システムを使用してはいかがでしょうか。この記事では、栄養管理士の業務軽減に役立つ栄養管理ソフトMEDIC DIETについて紹介していきます。

栄養士の業務をサポートする栄養給食管理システム

食事を通してクライアント一人一人の栄養を管理する栄養管理士には、膨大な仕事があります。各クライアントに合わせた献立作りから始まり、食事の調理、食材の発注や原価計算も行わなければいけないでしょう。

勤務する施設によっては、行事に合わせたイベント食も考えなければいけません。クライアントの食べる喜びを手助けする栄養管理士の仕事はやりがいがあるものですが、とてもハードなのです。

膨大にある業務を軽減したい人は、自動で献立を作成してくれる栄養管理ソフトを使用するのがおすすめです。近年では多くの施設や自治体で栄養管理ソフトを使用しています。

栄養管理ソフトを使用すれば、献立作成だけではなく栄養計算や発注管理などもすぐに行えます。業務にばらつきが出ないのも、栄養管理ソフトを使用するメリットでしょう。

今回紹介するMEDIC DIETは、通信エンジニアリング企業としても有名な京セラコミュニケーションシステムが開発した栄養管理ソフトです。京セラコミュニケーションシステムは、MEDIC DIETを通じて30年以上に渡り多くの栄養士をサポートしてきました。

充実した機能を持つMEDIC DIETは、栄養管理や給食業務をする人にとって力強い相棒となってくれるでしょう。それでは、MEDIC DIETの特徴を紹介していきます。

小規模施設向けのMEDIC DIET OPでは、最大10日分の献立が作成可能です。献立作成や栄養の確認、編集が一度にできるので、効率よく献立作成業務が行えるでしょう。

サーバーから離れている場所でもスムーズに作動するため、複数の施設でも使用できます。帳簿や食札のレイアウトが自由にできるのもうれしいポイントです。

また、アレルギー食の代替献立作成も簡単に行えます。献立管理機能では、食材や成分を指定するだけで献立を作成してくれます。数種類ある代替メニューからクライアントに合わせた料理を選択してくれるので、アレルギー食に頭を悩ませることもありません。マウス一つで操作できるので、パソコンに不慣れな人でもすぐに使いこなせるようになるでしょう。

最新の日本食品標準成分表、日本人の食事摂取基準に対応していることも安心できるポイントです。食数管理機能を使用すれば、さまざまなクライアントに柔軟な対応ができます。アレルギー情報とともにコメントを記載すれば、安心安全な食事提供が叶えられるでしょう。

また、MEDIC DIETは食材管理にも役立ちます。発注情報が管理できる材料管理機能を使用すれば、価格改定時や発注業者変更時にもすぐに対応ができます。WEBの発注システムと連携すれば、時間や手間をかけることなく発注を行えるでしょう。

栄養ケアや食事療法を提案してくれる栄養ケアマネジメント支援機能は、食事指導をする栄養士のサポートもしてくれます。

管理栄養をスムーズに行うための充実の機能

中規模や大規模の施設の場合、MEDIC DIET PROを使用するのがおすすめです。

セントラルキッチンやクックチルに対応したMEDIC DIET PROは、集中調理や事前調理にもしっかりと対応してくれます。よく使用する業務をお気に入り登録しておけば、使いたいときにすぐに起動できます。もちろんMEDIC DIET OPと同じく、簡単に操作ができます。

国立病院向けの帳簿が搭載されているのも、おすすめのポイントです。発注の際は20種類以上ある発注書から施設に適したものを選択できます。栄養管理システムMEDIC DIECEと連携すれば、各利用者の情報や献立情報も一目で把握できるでしょう。

MEDIC DIET PROはさまざまなメーカーの電子カルテや医療会計システムとも連携できるので、どのような施設でも安心して取り入れられます。

京セラコミュニケーションシステム株式会社が運営

MEDIC DIETを提供する京セラコミュニケーションシステムは、全国に拠点を持つ情報システム企業です。京セラコミュニケーションシステムは、情報システムを通じて人と企業、社会のよりよいコミュニケーション作りに力を注いできました。

京セラコミュニケーションシステムによるICT事業は、栄養管理の現場だけでなく教育現場や各自治体でも取り入れられています。京セラコミュニケーションシステムが提供する情報サービスは、企業にも顧客にも笑顔を与えてくれるでしょう。

まとめ

膨大な栄養士の業務を軽減したい人は、ぜひ栄養管理ソフトを使用してみてください。情報システムのプロである京セラコミュニケーションシステムが提供するMEDIC DIETは、簡単な操作で利用者に合わせた献立がすぐに作成できます。

さまざまなメーカーの電子システムに対応しているのもうれしいポイントです。より充実した機能が搭載されたMEDIC DIET PROを使用すれば、多くの利用者を抱える大規模な施設でもスムーズに栄養管理が行えるでしょう。

MEDIC DIET(メディックダイエット)/京セラコミュニケーションシステム株式会社の基本情報

会社名京セラコミュニケーションシステム株式会社
住所〒612-8450京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6(京セラ本社ビル内)
電話番号0800-0808123(代表)
タイプクラウド版、Webサーバー版、クライアントサーバー版
対応施設病院、介護・福祉施設、給食委託事業者など
料金記載なし
機能献立管理、食数管理、材料管理など

おすすめの給食管理システム

イメージ
サービス名/会社名らくらく献立7/株式会社夢工房わんぱくランチ/株式会社アドムMr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーカロリーメイク/株式会社東洋システムサイエンスEIBUN/株式会社コーエイコンピューターシステムMedical Lunch/株式会社エフコムメニューリンク/ソフトム株式会社
特徴充実のサポート体制!購入前も導入後も安心のサポートが受けられる!業界トップのシェアを誇る!帳票類を100種類用意している!さまざまな運営施設に対応!栄養士資格を持つ専門家が開発を担当!学校給食の管理に特に人気!使いやすさにこだわられている!10段階の年齢区分ごとに献立のひとり分量を自動計算!年間サポートも用意!栄養管理業務のトータルサポートが可能!帳票をすべてExcelで出力できる!どんな給食業態にも対応できる高機能システム!月額費用も安い!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
迷った方にはこの給食管理システムがおすすめ!

らくらく献立7/株式会社夢工房

らくらく献立7/株式会社夢工房

らくらく献立7は、複数端末で情報を共有することができます。クラウド版のほかにパッケージ版もあり、インターネット環境がない場所でも利用可能です。また、ほとんどがマウス操作で、パソコンに不慣れな方にもわかりやすい設計になっているのも魅力。もし分からないことがあっても、サポート体制が充実しているため、導入時も導入後も安心です。

【PR】栄養士の業務負担を軽減!給食管理システムで何ができる?