栄養士の負担を軽減!栄養計算ソフトの便利な機能とメリットとは?

公開日:2023/12/15
栄養士の負担を軽減!栄養計算ソフトの便利な機能とメリットとは?

栄養士にとって手間と時間がかかる業務に献立作成があります。献立作成時はただ食材が被らないよう注意しながらメニューを決めればよいわけではなく、栄養価や原価を計算・管理しなければなりません。今回は、栄養士の仕事をサポートする栄養計算ソフトについて解説します。具体的な機能や導入メリットも紹介するため、ぜひ参考にしてください。

栄養士の負担を軽減する栄養計算ソフトとは?

栄養計算ソフトとは、栄養士として働く人向けに献立や在庫の管理、栄養・原価計算などの機能が使えるシステムを指します。ここでは、栄養計算ソフトの種類分けについて解説します。

栄養計算ソフトの使い方による分類

栄養計算ソフトは、それぞれの職場で使われているパソコンにてソフトを使用することになります。しかし、パソコンに取り込んで使うダウンロード版と、インターネット上で起動するクラウド版の2種類に分けられるのが特徴です。ダウンロード版とクラウド版はそれぞれ適する環境が異なるため、勤務形態・職場環境に応じたシステムを選択することが必要となります。

利用施設に応じた分類

栄養士のおもな職場として挙げられるのは、病院や介護福祉施設、学校などです。それぞれの利用施設ごとに必要となる機能は異なるため、栄養計算ソフトにも各施設に特化した製品が数多くあります。

たとえば、病院向けの栄養計算ソフトであればカルテとの連携が可能であり、介護福祉施設向けの栄養計算ソフトであれば栄養ケアに関する計画書の作成機能が搭載されています。ソフトの導入によって業務効率化が実現できれば、栄養士さんの負担が減るのはもちろん、患者さんや利用者さんの食事満足度もアップするでしょう。

栄養士の仕事効率が向上する栄養計算ソフトが提供する便利な機能

栄養計算ソフトを導入することで、栄養士の業務負担を減らして仕事効率を上げることが可能です。ここでは、栄養計算ソフトが提供している便利な機能の具体例について解説します。

献立表の作成

栄養士の仕事のメインとして、献立作成が挙げられます。献立作成の際は食材が被らないよう注意しながら栄養バランスや成分値なども考えなければならず、手間も時間もかかる作業です。栄養計算ソフトを利用することで、使用したい食材や取り入れたい栄養素から料理を検索することが可能です。

また、献立編集中にも栄養素の摂取基準量などを確認しながら作業できるため、複数の資料を机に広げる必要もありません。さらに、製品によってはオリジナルメニューに合わせて献立データを編集することも可能であるため、施設オリジナルの料理が多い場合にも役立ちます。

栄養計算

献立を作成すると、ソフトが自動で栄養素・原価の計算をしてくれます。これまでの献立を使用して一部の食材を変更するなどの編集もできるため、アレンジメニューの栄養価計算もかんたん操作で完了できるのがうれしいポイントです。

在庫管理・発注

栄養計算ソフトは献立作成時の栄養・成分などの計算はもちろん、各食材の在庫管理や発注作業も可能です。ソフトが自動で管理してくれるため、費用対効果が上がるだけでなく、管理ミスによる食中毒なども防止できます。

各種帳票作成

栄養計算ソフトでは、栄養報告書・受払簿などの帳票作成にも対応しています。事務作業の手間を省くことで栄養士の負担が減り、業務効率化につながるでしょう。

栄養士の味方!栄養計算ソフトがもたらすメリット

栄養計算ソフトを利用するメリットについて解説します。

各業界ソフトとの連携が可能

栄養計算ソフトは、業界ごとの専用ソフト・システムとの連携が可能です。たとえば、介護福祉施設であれば介護ソフトと連携することで、利用者さんの情報登録時にひとつひとつ登録していく手間を省けます。さらに、病院では電子カルテと連携できる場合もあります。

業務負担を軽減できる

献立作成時の栄養計算は、非常に手間がかかる作業です。栄養計算ソフトであればメニューを入力するだけで計算が終わるため、計算作業に充てていた時間を別の業務に活用できます。

献立作成がスムーズになる

ソフトなしで献立作成をする場合、使用食材や料理名を毎回入力しなければなりません。献立を組むこと自体ももちろんですが、タイプミスなどで入力そのものに時間がかかってしまう人もいるでしょう。

栄養計算ソフトを利用することで、献立作成時は略称入力のみで登録された食材名・料理名を検索できます。日々の献立作成作業がスムーズになることで、ストレスを感じずに業務に取り組めるでしょう。

まとめ

今回は、栄養計算ソフトの概要や実際に利用できる機能にくわえ、栄養計算ソフトを導入することのメリットなどを詳しく解説しました。栄養計算ソフトは献立・在庫の管理や栄養価の計算などができるソフトであり、病院や介護福祉施設、学校などで取り入れられています。献立表の作成だけでなく在庫管理や発注、帳票作成などが可能であるため、毎日の業務負担を大きく減らすことが可能です。

また、介護ソフトや病院の電子カルテとの連携ができる製品も多く、利用者さんや患者さんの情報をすぐに取り込んで一括管理できるのがうれしいポイントです。「介護施設」「学校・幼稚園」のように業界に特化した栄養管理ソフトも少なくないため、利用シーンにあった製品を選択してください。

おすすめの給食管理システム

イメージ
サービス名/会社名らくらく献立7/株式会社夢工房わんぱくランチ/株式会社アドムMr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーカロリーメイク/株式会社東洋システムサイエンスEIBUN/株式会社コーエイコンピューターシステムMedical Lunch/株式会社エフコムメニューリンク/ソフトム株式会社
特徴充実のサポート体制!購入前も導入後も安心のサポートが受けられる!業界トップのシェアを誇る!帳票類を100種類用意している!さまざまな運営施設に対応!栄養士資格を持つ専門家が開発を担当!学校給食の管理に特に人気!使いやすさにこだわられている!10段階の年齢区分ごとに献立のひとり分量を自動計算!年間サポートも用意!栄養管理業務のトータルサポートが可能!帳票をすべてExcelで出力できる!どんな給食業態にも対応できる高機能システム!月額費用も安い!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】栄養士の業務負担を軽減!給食管理システムで何ができる?