【施設別】栄養管理・給食管理システムの選び方についてご紹介!

公開日:2024/02/14
【施設別】栄養管理・給食管理システムの選び方についてご紹介!

学校、病院、介護施設などさまざまな施設において、給食管理システムの選択は重要です。そこでこの記事では、各施設のニーズに合わせたポイントを解説し、効率的なシステム選定のコツをお伝えします。給食業務の効率化やミスの防止に向けた適切なシステム選びについて詳しく掘り下げてみましょう。

栄養管理・給食管理システムとは

そもそも栄養管理・給食管理システムとは、学校や病院、介護施設などで提供される給食の管理を効率化し、栄養バランスを確保するためのシステムです。ここではまず、このシステムの基本について解説します。

給食管理システムの役割

給食管理システムは、献立作成や栄養計算、食材の発注管理、食事摂取量の記録、食品アレルギーや特定の食材の除去など、さまざまな機能をもっています。これらの機能を活用することで、給食の提供における効率性や安全性を向上させることができるのです。

利用者の健康管理

給食管理システムは、栄養バランスの考慮や食品アレルギーの管理などを通じて、利用者の健康管理に大きく貢献します。とくに学校給食では、成長期の子どもたちの栄養摂取をサポートし、健やかな成長をうながす役割を果たしているのです

食事満足度の向上

給食管理システムは、食材のバリエーションや献立の工夫を通じて、利用者の食事満足度を向上させることも重要な役割のひとつです。栄養だけでなく、食事の味や見た目にも配慮し、利用者が美味しく食事を楽しめる環境を提供します

安全性の確保

食品の安全性や衛生面に関しても、給食管理システムは重要な役割を果たします。食材の管理や調理プロセスの監視などを通じて、安全で衛生的な給食提供を実現し、利用者の健康を守るのです。

幼稚園・保育所における栄養管理・給食管理システムの選び方

幼稚園や保育所における栄養管理・給食管理システムの選定には、子どもたちの健康や安全を最優先に考えることが必要です。以下のポイントを踏まえて、最適なシステムを選びましょう。

栄養管理や除去食の献立作成の簡便さ

幼稚園や保育所の給食では、子どもたちの成長に合わせた栄養バランスの考慮が欠かせません。また、食品アレルギーをもつ子どもたちへの除去食の提供も重要です。選ぶべき給食管理システムは、食育情報を基にした献立作成や食品アレルギーの管理機能が充実しているものにしましょう。

児童の健康管理機能の充実度

子どもたちの健康管理は、幼稚園や保育所における最重要事項のひとつです。システム選定時には、子どもたちの健康状態をトータルに管理できる機能が重視されます。とくに、食品アレルギーの管理や成長発育状況の追跡ができるシステムが適しているでしょう

スムーズな発注機能の有無

給食を提供するにあたり、食材の発注は欠かせません。より効率的な給食管理を実現するためには、発注機能がスムーズに行えることが重要です。大量発注や発注後の変更、漏れの防止などをサポートする機能が備わったシステムが適しています。

学校における栄養管理・給食管理システムの選び方

児童の健康を守りながら、効率的で円滑な給食運営を実現するために、適切なシステムの導入が重要です。そこで、学校における栄養管理・給食管理システムを選ぶ際に重要なポイントを見ていきましょう。

栄養管理や除去食の献立作成が簡単にできるか

学校における給食では、文部科学省の「学校給食摂取基準」に基づいた栄養バランスの確保が求められます。そのため、栄養管理や除去食の献立作成が簡便かつ効率的に行えるシステムを選ぶことが重要です。自動栄養計算や食品アレルギーの管理機能が備わっているかどうかを確認しましょう。

スムーズな発注をサポートしてくれるか

給食の提供には食材の発注が欠かせません。予算や生徒数の変動を考慮しながら、効率的に発注を行うためには、発注機能が充実していることが必要です。大量発注や発注後の変更、発注漏れの防止などをサポートする機能が備わったシステムを選びましょう。

複数校管理できる機能もあるとよい

複数の学校を管轄する場合や、給食センターを運営する場合には、複数校を一元管理できる機能が必要です。各学校ごとに異なるニーズや栄養計算を考慮しながら、柔軟に対応できるシステムを選択しましょう。とくに管理可能校数やカスタマイズ性などを確認して、適切なシステムを選ぶべきです。

介護施設における栄養管理・給食管理システムの選び方

介護施設における栄養管理・給食管理システムを選ぶ際には、さまざまな要素を考慮する必要があります。ここでは、介護施設における栄養管理・給食管理システムの選び方について解説しましょう。

利用者のニーズに合った機能を重視する

介護施設では、利用者の健康状態や食事制限に合わせた栄養管理が必要です。栄養バランスやカロリー管理、食品アレルギー対応など、利用者一人ひとりのニーズに合った機能を備えたシステムを選ぶべきでしょう。また、食事内容の柔軟性や多様性も考慮すべきです。

施設の運営形態に合わせた機能を選ぶ

介護施設の運営形態によって、栄養管理・給食管理システムの必要な機能が異なります。たとえば、特養や老健、デイサービスなど、施設の種類や規模によってニーズが異なるため、運営形態に合わせた機能を重視しましょう。また、複数施設を運営している場合は、情報共有やデータ連携の機能も重要です

システムの導入実績とサポート体制を確認する

導入実績が豊富なシステムや、適切なサポート体制が整ったメーカーを選ぶことも重要です。導入実績が豊富なシステムは信頼性が高く、ほかの施設でも適切に機能している可能性が高いでしょう。また、トラブル時や操作方法についてのサポートが迅速かつ適切に行われるかどうかも重要なポイントです

病院における栄養管理・給食管理システムの選び方

病院における栄養管理・給食管理システムは、患者の健康と安全を守るために欠かせない要素です。以下のポイントを考慮し、適切なシステムを導入することで、患者への適切な栄養管理と安心した医療サービスの提供が実現できます。

個別対応の献立作成機能の有無

病院では、患者ごとに異なる栄養ニーズや制限があります。そのため、栄養管理システムが個別対応の献立作成機能を備えていることが重要です。患者の疾患やアレルギー、嚥下機能などの情報をもとに、栄養士が適切な献立を効率的に作成できるシステムを選びましょう。

医療情報システムとの連携性

病院内では、患者の医療情報を管理する医療情報システムが活用されています。栄養管理システムもこの医療情報システムとの連携がスムーズであることが望まれるでしょう。患者の健康情報や栄養状態を共有し、医療スタッフが迅速かつ正確な栄養ケアを提供できるよう、シームレスなデータ連携が求められます。

セキュリティと安定性の確保

病院で扱う患者の健康情報は非常に機密性が高く、セキュリティ対策が欠かせません。栄養管理システムを選ぶ際には、患者の個人情報や健康情報を厳重に保護するセキュリティ機能が充分に備わっていることが重要です。また、システムの安定性や災害時の対応策も確認し、常に安全かつ安定した運用が可能かどうかを検討しましょう。

まとめ

給食管理システムを選ぶ際には、施設のニーズに合った選択が不可欠です。施設の種類によって異なる栄養バランスや調理形態に対応したシステム、複数端末でのデータ共有やスムーズなサポート体制が求められます。施設に合った機能や運用が確保されたシステムを選ぶことで、給食管理の効率化やミスの防止、スタッフの負担軽減が実現し、安心して導入できるでしょう。給食管理システムは施設運営において不可欠なツールであり、選定には慎重な検討が必要です。

おすすめの給食管理システム

イメージ
サービス名/会社名らくらく献立7/株式会社夢工房わんぱくランチ/株式会社アドムMr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーカロリーメイク/株式会社東洋システムサイエンスEIBUN/株式会社コーエイコンピューターシステムMedical Lunch/株式会社エフコムメニューリンク/ソフトム株式会社
特徴充実のサポート体制!購入前も導入後も安心のサポートが受けられる!業界トップのシェアを誇る!帳票類を100種類用意している!さまざまな運営施設に対応!栄養士資格を持つ専門家が開発を担当!学校給食の管理に特に人気!使いやすさにこだわられている!10段階の年齢区分ごとに献立のひとり分量を自動計算!年間サポートも用意!栄養管理業務のトータルサポートが可能!帳票をすべてExcelで出力できる!どんな給食業態にも対応できる高機能システム!月額費用も安い!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】栄養士の業務負担を軽減!給食管理システムで何ができる?