メニューデザイナーNEXT / ソフトム株式会社

公開日:2024/07/11
メニューデザイナーNEXT / ソフトム株式会社

メニューデザイナーNEXTはソフトム株式会社が開発した給食管理システムです。病院や保育施設、介護施設、社員食堂など、給食が必要なあらゆる場で活用できます。

給食の献立や経理システムを一元管理でき、担当スタッフの負担を軽減できるところがおもなメリットです。この記事では、そんなソフトム株式会社のメニューデザイナーNEXTについて、特徴と魅力をご紹介します。

50%以上の時短効果

メニューデザイナーNEXTは、過去に開発されたソフトム株式会社の給食管理システムと比べて、50%以上の大幅な作業時間短縮ができるようになりました。

管理施設数の上限なし

メニューデザイナーNEXTは、管理施設数の上限がありません。業態が異なる施設をまとめて管理できます。ひとつの管理会社で複数の老人ホームや病院の給食を受けている場合、大幅な業務効率アップが期待できるでしょう

また、担当者ごとに管理できる施設が設定でき、機能の制限も可能です。たくさんの店舗をエリアごとに細かく管理したり、複数の従業員に仕事を振り分けたり、利用する環境によって管理施設をカスタマイズできます。

ちなみに、データベースソフトには価格性能比に優れたPostgreSQLを採用しています。これにより、大量の施設データを取り扱っても高額にならないよう価格が調整されました。性能の割にコストがかかりにくい点もメニューデザイナーNEXTの利点といえるでしょう。

外部システムとの連携

食材の受発注やオートレジ、会計管理システムと連携可能です。仕入先への買掛管理をはじめ、できる限り給食管理をインターネット上で行いたい人にマッチするサービスといえます

メニューデザイナーNEXTの導入後は、ソフトム株式会社によるサポートも受けられます。外部連携について気になる点があれば、直接問い合わせてみてはいかがでしょうか。保守・運用について適切な対応を提案してくれるでしょう。

テレワークにも対応

メニューデザイナーNEXTはクラウドサーバーに構築できるサービスで、インターネット接続環境があればどこからでもアクセス可能です。管理栄養士などの給食担当スタッフが職場にいなくても、テレワークで効率よく対応できます。施設の内外を問わずメニューの更新や管理ができ、多店舗展開している団体にとっても有用です。

オフラインでデータを管理しないので、リアルタイムで更新した情報を共有できます。スタッフ間で情報を即座に共有でき、新メニューの導入や価格変更がスムーズに行えるのです。各施設の一貫性を保ちながら迅速に対応できるため、顧客満足度と業務効率を同時に高められます。

メニュー作成が簡単

メニューデザイナーNEXTは、直感的な操作で給食のメニューを作成できます。Excelのような親しみやすいUIが特徴的です。成分表やアレルギーに関する情報を表示するなど、メニュー作成には欠かせない機能も充実しています。メニューに関する細かな調整・確認を簡単にできる点がメニューデザイナーNEXTの強みです。

10種類以上の帳票

メニューデザイナーNEXTには10種類以上の帳票が搭載されています。献立表や献立台帳といった基本的なものから栄養報告書、給与食品検討表、荷重平均成分値算出など、目的に応じた帳票を作成可能です

また「献立レポートデザイナー」を使えば、今まで使ってきた献立表と同じ形式での出力もできるようになります。保守対応となる事項もあり、帳票に関する気になる点があればサポートしてもらえる点もメリットです。

一目で確認できるレイアウト

料理情報を確認する画面は、献立の色彩や野菜量、アレルギーなどをまとめて確認できるカレンダーのようなレイアウトになっています。最大42日間(または42食種)を同時に表示・編集可能です。

スマートミール対策やハラール食にも応用できるため、多様な喫食者がいる環境でも効率的に編集できるでしょう。食品や料理の重複確認といった、手動では時間がかかったりミスが起きやすかったりするチェックも円滑に行えるようになります。

豊富なオプション・連携機能

ソフトム株式会社は給食管理に関するシステムを多数開発しており、その多くがメニューデザイナーNEXTと連携可能です。運用目的に応じてオプションや外部連携機能を利用すれば、さらなる業務効率化が期待できるでしょう。

画像AIレジ

ソフトム株式会社にある、社員食堂向けの画像AIレジ「メニューバンク」と連携すればレジ打ち業務も省人化できます。AIによる画像認識で、社員食堂に無人レジを導入できるシステムです。給料天引きや電子マネー、クレジットカードなど、多様な決済方法にも対応できます。

連携することにより、提供日ごとの料理、売価、栄養価のデータを記録できる点が強みです。栄養価を表示することで食堂利用者の満足度アップにもつながるでしょう。

メニューバンクは、本体を既存のレジ設置台に置くだけで利用可能です。好みの食器が利用でき、オートレジのようにICタグ専用食器へ買い替える必要はありません。

献立の自動生成

メニューデザイナーNEXTには「メニューアシスタントAI」という、献立を自動生成してくれるオプション機能があります。原価や栄養価を考慮した献立をすぐに作成できるので、大幅な時短になるでしょう。

また、前後の献立をふまえて細かなメニュー調整をしたいときにも便利です。主食や主菜、副菜などのうち一品だけを変更したり、メイン食材が重複しているときに同じ栄養価で代替できる料理が何なのか提案してくれたりします

すでに考えた献立の自動チェックも可能です。AIがよりよい献立を提案してくれるので栄養士とITが協働できます。人間とAIのいいとこどりで、業務効率・顧客満足度アップが期待できるでしょう。

ペーパーレスを手助け

メニューデザイナーNEXTは、受発注や規格書のプラットフォームである「インフォマート」と連携できます。食品の登録や更新にかかる時間を削減し、ペーパーレス化を推進できます。

また、WEB上で献立表を配信できる「スマホde献立表」というオプションも追加可能です。献立表をペーパーレスで配信できるので、印刷代や配布にかかっていたコストを軽減できるでしょう

スマートフォンで献立表を見れることから、メニューのPR効果や売上アップのための施策にも有用です。福祉施設の場合、利用者だけでなく利用者のご家族にも献立表を見てもらえるシステムを構築してもいいでしょう。

多拠点向けサービス

拠点向けWEB管理システム「MDダッシュボード」を追加すれば、必要機能が1画面に集約されます。通常のメニューデザイナーNEXTより簡単に操作できるため、さまざまな人が給食管理システムを利用する場にぴったりです。本部以外から献立の細かい修正を行えるようになるなど、複数拠点のメニュー管理をより手軽にします。

セントラルキッチン・サテライトキッチン対応のオプションを追加すれば、セントラルキッチンでの配送表、仕分表、商品ラベルにも対応可能です。サテライトキッチンで献立変更する場合の操作もスムーズになります。

まずはメールフォームで問い合わせてみよう!

メニューデザイナーNEXTは、手軽にメニュー管理や調整ができるようになる給食管理システムです。クラウドベースで簡単にメニューを編集できたり、管理者が複数拠点のメニューを一元管理できたりします。テレワークしているスタッフにも情報共有しやすい点も特徴です。

献立の自動生成をはじめとしたAIツールとの連携やセントラルキッチン対応、会計管理ツールとの連携など、利用目的に応じて幅広いオプションをつけられます。業種や業界に沿って使いやすいシステムを構築できるでしょう。

どのような現場で利用されているのか、自社で運用する場合はどのくらいのコストがかかるのか、気になる点があればぜひ問い合わせてみてください。

メニューデザイナーNEXT / ソフトム株式会社の基本情報

会社名ソフトム株式会社
住所〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-9 茗荷谷大矢ビル 3F
電話番号03-3944-2991

おすすめの給食管理システム

イメージ
サービス名/会社名らくらく献立7/株式会社夢工房わんぱくランチ/株式会社アドムMr. 献ダテマン/株式会社カイテクノロジーカロリーメイク/株式会社東洋システムサイエンスEIBUN/株式会社コーエイコンピューターシステムMedical Lunch/株式会社エフコムメニューリンク/ソフトム株式会社
特徴充実のサポート体制!購入前も導入後も安心のサポートが受けられる!業界トップのシェアを誇る!帳票類を100種類用意している!さまざまな運営施設に対応!栄養士資格を持つ専門家が開発を担当!学校給食の管理に特に人気!使いやすさにこだわられている!10段階の年齢区分ごとに献立のひとり分量を自動計算!年間サポートも用意!栄養管理業務のトータルサポートが可能!帳票をすべてExcelで出力できる!どんな給食業態にも対応できる高機能システム!月額費用も安い!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら